20代で転職するにはどんなタイミングがいいの?

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

玉田 誠一

20代で転職するにはどんなタイミングがいいの?

20代のうちから転職を考え始める方が増えてきました。新卒でみんなと同じタイミングで就職活動をしていたときとは違い、転職をするタイミングは人それぞれ。20代で初めて転職をする方であれば「どんな時期に転職活動を始めればいいのかわからない」という方もいるでしょう。

20代で転職する方のために、転職に適したタイミングをご紹介します。

どんなタイミングで転職を考えるべきなの?

転職をするのにふさわしいと言われているタイミングに、「3回辞めたい」と思ってしまったときというのがあります。

「やりたいことが見つかった」などのようなポジティブなもの、「今の会社の人間関係がつらい」などのようなネガティブなもの、どんな理由であってもかまいません。心の底から「辞めたい!」と3回思ったら、転職活動を始めて差し支えないと言えるでしょう。

注意してほしいのは3回という数字です。というのは、20代であれば誰であっても1,2回は「辞めたい」と考えてしまうものだからです。若いうちは雑用や下働きが多く、やりたいと思っていた仕事をさせてもらえないという場合がほとんど。そのような中で「辞めたいと」と思って転職しても、あまりいい結果は得られないかもしれません。

1、2回「辞めたい」と思ったときは、まず現在の会社にある問題を解決できないか模索したり、自分のやりたいことがその会社でできないかどうか調べてみたりしましょう。そうしたにもかかわらず、なお「辞めたい」と感じるようであれば、転職に踏み切ってのいいと思います。

転職に適した時期

転職をしようと思い立つタイミングは人それぞれですが、1年の中にも転職に適した時期がありますので、知っておきましょう。

一般的に転職に適していると言われている時期は「3月〜4月」と「9月〜10月」です。

この2つのシーズンは、多くの企業が年度の切り替わりの時期にしています。年度の切り替わる時期には人事異動や新規事業の立ち上げ、退職者の発生が集中しやすくなり、企業が人員増加や退職者の後任補充に力を入れ始めるため、この時期に多くの求人が出る傾向があるのです。

転職を始めるタイミングを見計らっているという方は、「3月〜4月」、もしくは「9月〜10月」を目安にするといいでしょう。

転職時期は自分の事情に合わせよう

前項で紹介した転職に適した時期というのはあくまで一般論です。人によっては早急に転職をしなければならないという場合もあります。

「3月〜4月」、「9月〜10月」にこだわりすぎて転職時期をずらすということは、当然のことながら現在勤めている会社に残る期間が延びるということです。会社に何かしらの問題があるから転職を考え始めたのであれば、時期にこだわらず早めに転職することをおすすめします。

現在の会社に精神的な負担があるようでしたら時期にこだわらず、思い立ったが吉日で動き始めるようにしましょう。

pixta_26360911_M.jpg転職をする理由は人それぞれで、理由によってタイミングは異なります。時期にこだわるのも大事ですが、やはり自分の事情が大事です。どうしても今すぐ辞めたいというのであれば、今すぐ転職活動を始めるようにしてください。

Re就活」には転職に関する情報がたくさん掲載されています。きっと役に立つと思いますので、ぜひご利用ください。