ライバルと差をつけよう!「第二新卒」の履歴書の書き方

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

玉田 誠一

ライバルと差をつけよう!「第二新卒」の履歴書の書き方

新卒から1〜3年程度の方は「第二新卒」という括りで就職活動を行うことができます。

第二新卒は一度社会に出ているので、新卒とは異なる第二新卒ならではの履歴書が求められます。

ここでは第二新卒の方に向けた履歴書の書き方のポイント、考え方をご紹介していきます。

第二新卒の「職歴」の書き方

履歴書でまず目に入る「職歴」欄。

第二新卒の場合は、経歴が浅くても職歴はあるに越した事はありませんし、その後の面接での会話の糸口になりますので必ず記載するようにしましょう。

たとえ前職をすぐに辞めてしまった場合であっても、前職がアルバイトやパートなど非正規雇用であっても積極的に記入するほうが良いでしょう。

前職が正社員の場合は、あえて伏せると職歴詐欺になりかねませんので必ず記入してくださいね。

第二新卒は経験を生かした書き方に

第二新卒においては、3年以上の経験者に比べて経験や実績はそこまで重要視されません。とはいえ一度社会に出て仕事を経験したことは事実ですので、大きな実績がなくても仕事を通して考え学んだことを織り交ぜた上での志望動機や自己PRにするのが望ましいです。

例えば営業職であれば「前職では〇〇の工夫を施し売上を〇〇%向上させる事に成功しました、この経験と御社の地盤を活かし〜」といったように前職での経験や工夫を盛り込んだ内容にすることで説得力が増し、プラスαの評価につながります。

志望する職種がたとえ未経験であっても、仕事をする上でのなんらかの共通点は見いだせるはずです。前職の経験を織り交ぜながら上手くつなげていくことが大切です。

成長性と素直さをアピールする「自己PR」に

企業が第二新卒を採用する際は、経験よりもポテンシャルを重視します。

そのため、履歴書の「自己PR」を見た採用担当者に「将来の幹部候補になれるかどうか」という思いを抱かせることも大切!

「30代までに〇〇をするのが夢であり、御社でチャレンジしたい」といった夢や目標をアピールするのも若手にとっては重要なことです。

しかし、「姿勢」や「努力」といった抽象的な言葉を用いたアピールだけではなく、これまでの経験を振り返りつつ、反省する「素直さ」があることもアピールしましょう。

その上で「今後何をしたいのか」「どういう人材になりたいのか」といった具体的な目標を書いておくことで採用担当者の印象をアップすることができるはず。

また未経験の職種に転職する際などには「志望動機」に実務経験がないことをはっきりと書いたほうが良いでしょう。

たとえば未経験からデザイナー職に就こうと考えている場合には、志望動機欄に「私はデザイナーとしての実務経験がありません。しかし、小学生の頃から絵や漫画を描くことが得意で〜」といった流れで記載することで「成長性」と「素直さ」をアピールすることにつながります。未経験の職種に転職するためにスクールに通ったり資格を取得したりした場合には、しっかりとアピールしましょう。

shutterstock_263840645.jpg

以上が第二新卒の履歴書の書き方のポイントとなります。

第二新卒は新卒と経験者のちょうど間に位置づけられる存在です。その両者の売りを織り交ぜつつ、第二新卒ならではのアプローチをしていく事が命運を分けます。20代・第二新卒の転職サイト『Re就活』に掲載されている求人は全て第二新卒を積極的に採用している企業なので、ぜひご活用ください!