『蛙の子は蛙』? 奇跡のハイブリッド生物、カエルの苦悩。

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

Re就活編集部 さとち

『蛙の子は蛙』? 奇跡のハイブリッド生物、カエルの苦悩。

東京だと、今年の梅雨は雨が少ない印象でした。

みなさん、雨はお好きですか。

 

面接の日とか、勝負の日!

それが雨だと、正直嫌ですよね。

「お〜幸先悪い…」なんて。

 

雨、だとつい下を見ながら歩きがち。

ある雨の日、そんな風に下を見て歩いていたら、

大きなウシガエルがノソノソ歩いていました。

 

「いつもピョンピョン跳ねてるわけじゃないよ?」

 

そんな風に言われたような気もしたので、

ちょっとカエルについて、調べてみました。

chojyu.png

『蛙の子は蛙』

子は親に似る。なんて意味で使われることわざもあります。

がしかし、カエルの子はもともとオタマジャクシでしょ。全然別物。

 

それにしても、水中でずっと暮らしていたオタマジャクシが

いつのまにやらカエルになってピョンピョン跳ね回るって

よく考えたら面白いと思いませんか。

 

姿かたちが全く違うということは、

もちろん内部構造だって違います。

 

最たるものが呼吸法。

オタマジャクシは『エラ』で。

カエルになると『肺』で。

それぞれ呼吸してるんですね。

 

ではその呼吸はどのように変化していくか、ご存じですか。

 

オタマジャクシ期間は孵化してから1〜2ヶ月。

その後、オタマジャクシはカエルへと奇跡の変貌を遂げるわけですが、

ちょうどそのタイミングで、まず『肺』ができ、

その後『エラ』が消えていくんです。

 

なので生後2ヶ月頃のおたまちゃんは、

『肺』と『エラ』のウルトラスーパーハイブリッド生物ってことですね。

 

でもまぁ、そりゃそうです。

 

いざ『エラ』が無くなって、よーし、『肺』作るぞーって。。。

 

……

………

 

んはっっっ.......!!!!!

 

 

 

ってなります。

 

だから、ウルトラスーパーハイブリッドは、ある意味自然の摂理。

 

一応具体的なタイミングを言えば、後ろ足が生えた後ぐらいです。

 

つまりこの時期は、見た目も内臓機能も中途半…ハイブリッドな時期なんですね。

otama.jpg

 

『出来たばかりの頃の、T○Y○TA、プリ○スのような』

さて、後ろ足が生えると、次はしっぽがだんだんと短くなっていきます。

しっぽがあるうちは、陸上でバランスが取れないため水中から出ることはできません。

仮に無理して陸に上がったとて、ブヨブヨですからね、引きずって歩いたら皮ズル剥けです。

 

じっと耐え、前足が生え、しっぽが完全に無くなる頃、

ようやく『エラ』は体内に格納され、『肺』が完成。機能を開始するわけです。

衣替えみたいなもんですね。夏物の『エラ』をタンスにしまい、冬物の『肺』を出す。

frog.jpgちょっとかわいそうな話。

中途半…ハイブリッド期間に、水の深い場所にいると、

溺れ死ぬんですよ。こいつ。

 

私のかわいい5歳のいとこが、水たっぷりのバケツでオタマジャクシを飼っていたら、

足が生えた時点でガッツリ浮かんでいました...。仰向けで...。

 

『エラ』機能が下がりつつ、『肺』機能も育ちきってない時は、

両方使わないと苦しい苦しい。

 

要はあれですよ。めっちゃ鼻づまりの時に、

クチをガムテープで塞がれてるようなもの。

 

これが24時間以上続くと考えましょうよ。

もはや、自ら死を選びますよね。

 

『今日は雨か、、、』と思っても

「蛙の子は蛙」

 

なんかでは全然なくて、

あの日のウシガエルもちょっと前までは

陸と水の間でアップアップしてたのか。

なんて思うと、感慨深さもありますね。

 

「お〜お〜今日も跳ねてる跳ねてる。」

 

雨の日ならではの出会い。

 

そういうこともあるのなら、

雨、少しは好きになれそうですね。

amakaeru.jpg