楽しいゴールデンウィークの後は、幸せホルモンで五月病撃退?

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

Re就活編集部 さとち

楽しいゴールデンウィークの後は、幸せホルモンで五月病撃退?

待ちに待ったゴールデンウィーク。

 

新年度がはじまって、

新しい環境にようやく慣れて、、

ちょっと疲れてきた、、、

本当にちょうどいい時期にありますよね。

 

しかも陽気も抜群。

思いっきり遊びに行くのも良し、

家の中でぼんやり外を眺めるだけでも、なんだか気持ちが良いです。

 

しかし、この思いっきり休息できる時間が、

そのあと潜む、五月病のリスクをうんと高めているのです…!

 

症状と、予防法をお伝えします!

主な症状と、特に注意が必要な人

pixta_20701720_M.jpg

五月病とは、4月から始まった新生活に適応できずに起こる、抑うつ症状のことです。

・睡眠障害

・食欲不振

・頭痛

・イライラする

・何をするにも面倒くさくなる

・焦りや不安を感じる

などが主な症状。

 

そして、最終的に

 

「会社、行きたくなーーーい…!」

 

と思ってしまう…。

 

新しい環境に適応できないことが主な原因なので、

春に転職、転勤、異動をした人、あるいは、上司や近しい同僚の異動などで働き方が大きく変わった人などは、特に要注意です。

 

環境に慣れようとして緊張していたところに、長期休暇が入って緊張の糸が切れてしまうことで、5月に症状があらわれるのです。

そんな風にならないための予防法

 

1.    規則正しい生活

明日も休み、その次の日も休み…♪

だから今日は夜更かししても、昼ごろ起きればいいや〜♪

なんて生活を連休中に送ると、あっという間に昼夜逆転。

体内リズムが崩れると、心の健康も崩れがち、ひいては五月病の原因に!

 

2.    適度な運動

休みの日だからって、一日中家の中、ともすれば一日中布団の中なんて生活を、連休中続けてしまうと、仕事が始まった時になかなか元のペースに戻せないのは言わずもがな。

実は、精神的な疲労は、運動によって肉体的疲労に変えられるそうです!

精神的な疲労は数日休んだくらいでは回復しませんが、肉体疲労はちょこっと休めば回復しますよね!4月の気疲れを運動で回復させるのも手です!

 

3.    幸せホルモン「セロトニン」を増やす

pixta_37195499_M.jpg

いやいや、

せっかく仕事もない長期休暇、

やっぱりのんびり、ダラダラしたい!

「規則正しい生活」「適度な運動」なんてそんなのきれいごと!

えーい、いっそ五月病になってやる!!

 

と思った方、必見。

 

最後の砦、

幸せホルモン「セロトニン」を増やしませんか…♪

 

セロトニンには、

・心の安定を保つ

・自律神経を整える

・痛みの感覚を抑える

働きがあると言われています。なんていいヤツなんだ。

 

このセロトニン君は、実は体の中で、腸に一番存在しています!

なので、腸内環境を整えることが、あなたの幸せにつながっているとも言えるのです。

 

せっかくですので、セロトニン君をもっともっと増やしていきましょう。

 

セロトニンを増やす栄養素は主に3つ

・トリプトファン

・ビタミンB6

・炭水化物

です。

 

トリプトファン

アミノ酸の一種で、セロトニンの原料になります。

納豆、きな粉、豆腐などの大豆製品や、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、卵やバナナにも含まれます。

 

ビタミンB6

体内でセロトニンを合成するために必要な栄養素です。

イワシやサンマなどの魚や、しょうが、にんにく、バナナに多く含まれます。

 

炭水化物

脳にトリプトファンを運搬し、吸収を助け、セロトニンの働きを促進してくれます。

炭水化物は、おなじみのご飯、パン、麺類等の穀類の他、イモ類、バナナなどの果物に含まれます。

 

 

 

おや。

 

 

バナナ最強説。

 

 

そう、バナナ1本で、セロトニン君を作り、増やし、体にめぐらすことができるのです!

バナナが嫌いな人は、上記を上手く組み合わせて、セロトニンを増やしてください。

 

 

ゴールデンウィークが終わっても、5月はさわやかな季節です。

 

五月病なんてもったいない!

 

幸せホルモンを増加させて計画的に予防をしましょう!