企業への応募書類の提出マナー〜送付状編〜

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

Re就活編集部 オキタ

企業への応募書類の提出マナー〜送付状編〜

履歴書や職務経歴書、企業に指定された書類など、
就職・転職活動ををすすめていくと、なにかと提出書類が多くなりますよね。

書類の提出期限を守るのは当たり前ですが【体裁を整える】ことも同じくらい大事です。

ということで、今回はビジネスレターには欠かせない「送付状」についてご紹介いたします!

送付状を作成しよう

送付状(送り状、添え状、カバーレター)とは、書類などを郵送する際に一緒に送付したりFAXを送信するときに添えたりする書面のこと。

実はビジネスマナーとして必ず準備すべき書類のひとつなのです。ここでいちど書き方を身につければ、その後もビジネスでずっと使えます!

ちなみに送付状は、

・誰から誰宛の書類なのか
・何を送ったのか
・どんな目的で送付したのか

ということを伝えるためのものです。

書き方の見本

送付状

 

1.日付
送付した日付を入れます。
書類を持参する場合はその日の日付を入れましょう。

2.宛先
正式な会社名、部署名、役職名、個人名の順で書きます。
個人名がわからない場合は「採用ご担当者様」や「人事部御中」と書きましょう。

3.差出人名
郵便番号、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)、氏名を記入します。

4.件名
「応募書類の送付について」「○○の求人への応募の件」など。
相手が分かりやすい件名を心がけてくださいね。

5.本文
拝啓+時候の挨拶から始め、本文を書きます。
求人情報を知った媒体や、または転職者の場合は
これまでの職歴を簡単に記してもよいでしょう。
最後は結語(敬具)で締めくくります。

6.記書き
送付したものの内訳を書きます。

7.最後は「以上」で締めくくりましょう。

書類はクリアファイルに!

書類が複数枚ある場合は添え状を上にし、クリアファイルにいれてから封筒へ。
こうすれば、万が一封筒が水にぬれてしまっても安心です。

せっかく書類を用意しても、端がヨレヨレだったり、雨でぬれたりすると、確実に印象が悪くなります。
受け取る相手のことを考えて書類を準備しましょう!

20代の転職なら「Re就活」

20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「Re就活」。
「もう一度、納得できる仕事を探したい」…というあなたの向上心に期待する企業との出会いが待つ転職サイトです。

求人はすべてキャリアチェンジ大歓迎。あなたを採用したい企業から届く「スカウト機能」など、はじめての転職をサポートする機能が満載です。

“これまでの経歴”ではなく、“これからの可能性”を。あなたの可能性に期待するたくさんの企業が、あなたのチャレンジを待っています。