転職を機にひとり暮らしを始めたい! タイミングや費用は?

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

前畑 泰広

転職を機にひとり暮らしを始めたい! タイミングや費用は?

転職を機に始めるひとり暮らし。新しい環境で新鮮な気持ちになって、仕事やプライベートを充実させるのは素敵ですね。しかし、引越しのタイミングや費用などわからないことが多いもの。そこで今回は転職と引越しについて役立つ情報をご紹介いたします!

転職と引越しのタイミングは?

「転職してから引越し」、「引越ししてから転職」、どちらのタイミングを選ぶか悩みどころですよね。ひとり暮らしとなると当然出費が多くなります。そのため、おすすめするのは、転職先を決めて現在の職場を退職する前に引越しするのではなく、転職して職場が変わってから引越しするという順番です。新しい職場にも慣れて生活が安定し始めたタイミングで引越しをしたほうが、通勤にかかる時間や行き帰りの時間帯なども把握できるメリットがあります。

 

ひとり暮らしの引越しにかかる費用

引越しを決めたら、気になるのはやっぱりお金の面。引越しにかかる費用はもちろん、毎月の生活費は具体的にどれぐらいかかるのでしょうか。

 

賃貸に引っ越す際にかかる初期費用

賃貸への引越しは敷金、礼金、不動産業者への仲介手数料、鍵交換代や家財保険などの諸費用、そして業者に依頼する場合は引越し代金がかかります。住む場所などによって金額が異なりますが、総額で家賃4〜7倍程度と見ておけば問題ないでしょう。しかし、あくまでも高い基準の金額を見積もっているので、敷金礼金が不要、もしくは仲介手数料が半額であれば初期費用はさらに安くなります。

 

引越し費用はどれくらい?

引越しの費用は時期や移動する距離、荷物の量によって変動します。

ひとり暮らしで最も使われる2トントラックの場合だと、一般的な相場は3万円〜6万円程度といわれているようです。しかし、進学や就職で引越しが集中する繁忙期は費用が高いので注意しましょう。また、荷物が多い程、運送代も高くなってしまうため、新居に必要のない不用品は思い切って処分することをおすすめします。

 

ひとり暮らしで毎月必要な生活費はどれくらい?

ひとり暮らしにかかる一般的な毎月の生活費をまとめてみました。

家賃……1Rや1Kの平均家賃は首都圏であれば6万〜10万円、地方であれば4〜7万円程度

食費……外食費も含めて平均3〜4万円程度(自炊が多い場合2万円程度)

水道光熱費……平均1万円程度

通信費……携帯料金・プロバイダ料金合わせて平均1万円程度

 

転職して、新しい職場に慣れるまでは約1か月かかると言われています。仕事内容をわかったつもりで転職しても実際に働いてみると、さまざまな問題や壁に直面することもあるでしょう。

せっかくの新生活、会社に慣れることに集中できるように、引越し作業やその後の生活については前もって心構えをしておきたいですね。

pixta_46181849_M.jpg

今回は転職を機にひとり暮らしを始める方に向けて、引越しのタイミングや費用をご紹介しました。「Re就活」では他にもさまざまな転職活動に関する詳しい情報が紹介されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

20代の転職なら「Re就活」
20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「Re就活」。
「もう一度、納得できる仕事を探したい」…というあなたの向上心に期待する企業との出会いが待つ転職サイトです。

 

300リサイズ_会員登録ボタン(緑)unzip.jpg