NEW
最終更新日
2020/09/03(木)
掲載終了予定日
2020/10/25(日)

【巫女】日本最古の神社に仕える『巫女』募集/今だからこそあなたの本当にやりたいことを

三輪明神 大神神社

  • 正社員
  • 社会人経験不問
  • 第二新卒歓迎
  • 残業ほぼなし
  • 転勤なし
  • 土日面接OK
  • 職種未経験歓迎
  • 業種未経験歓迎
  • Re就活WOMAN
業種
その他業種/冠婚葬祭/サービス(その他)
職種
事務系(その他)
初年度想定年収
150〜300万円
勤務地
奈良県
  • 正社員
  • 社会人経験不問
  • 第二新卒歓迎
  • 残業ほぼなし
  • 転勤なし
  • 土日面接OK
  • 職種未経験歓迎
  • 業種未経験歓迎
  • Re就活WOMAN

あなたの新たな一歩を「大神神社」で。国内外から多くの参拝者【神楽舞・作法など習得】Re就活世代活躍中

〜日本最古の神社で働きませんか?〜

白衣、緋袴、
そして清々しい空気をまとった清楚な存在。
そんな「巫女」に憧れる方も
多いのではないでしょうか?

今回Re就活では、その巫女の中でも、
日本最古の神社である
「大神(おおみわ)神社」の巫女を募集します。

≪≪ 大神神社とは? ≫≫
大神神社は、「大いなる神様の神社」と書くように
古くから神様の中の大神様として尊ばれてきました。
奈良盆地に鎮座する三輪山を拝するという
原初の神祀りの様を伝える神社です。
新たな取り組みにも積極的で、
『日本で最も古く、日本で最も新しい神社』を目指し、
国内外から多くの参拝者が訪れています。

★詳しくは下記の
【大神神社とは(1)〜(3)】を
ご確認下さい。

≪≪ 巫女として働くこと ≫≫
巫女のお仕事で大切なことは、
神様にお仕えする純粋な心を持って、
神職の補助者として、
参拝者の皆さんに寄り添うこと。
つまり神様を”おもてなし”
神職の奉仕を手伝いながら、
参拝者の方々に気持ちよく参拝して頂く。
巫女であるあなたが
神職とともに
“神様と人との仲とりもち”になることです。

特別な資格や経験は必要ありません。
参拝者に寄り添い、
親切丁寧に対応できる方であれば、
巫女として活躍できる素養がある方です。
入社後は、着物の着方や神楽舞の習得はもちろん、
立ち居振る舞いなど日常の細かな作法も身に着けて頂きます。

そしてそれらは、日本で古来より受け継がれてきた文化。
あなた自身がその文化の伝承者となります。

「難しそう…」「できるかな?」
そう思う方も多いかもしれません。
ぜひ、巫女への憧れを“覚悟”に変えて、
神様に仕えて下さる方をお待ちしております。

あなたの新たな一歩を大神神社で。

20代専門転職サイト「Re就活」

募集要項

募集職種

◆巫女
※キャリアステップとして
事務職を設けています。

仕事内容

神様に感謝の心を持って奉仕し、参拝者に寄り添い『神様と人との仲とりもち』になるお仕事です。
巫女のお仕事は、皆さんが神社で
よく目にする姿よりも、幅広く奥深いものとなっています。
しかし、入社前にそういった知識や経験は必要ありません。
入社後は、立ち居振る舞いから神楽舞まで、
しっかりと習得できるよう支援していきます。

≪具体的な仕事内容≫
◎祭典、出張祭典、祈祷奉仕
祈祷補助(神職の補助)
※祭典・ご祈祷時の神楽舞、琴の演奏など行なって頂きます。
◎神符御守の奉製並びに授与
◎参拝者の案内、誘導、接遇
同湯茶等給仕、接遇等に係る備片付け
◎電話対応、一般事務、担当事務
◎境内諸施設の清掃、他部署の助勢

≪こんなことを心掛けて下さい≫
参拝する多くの人々は、神社に癒やしや安らぎを求めてお詣りをされます。
自らも神様に感謝の心を持って奉仕する心情がなければ、
参拝者の気持ちに寄り添うことはできません。
特に巫女は、神社に参拝される方々にとって、
親しみを感じる存在であり、
訪れる人々が気持ちよく参拝し、
神社を好きになって頂けるように
努めるのが大切な役目の一つであります。

そのため普段から
清楚であるはもことはもちろん、
笑顔で、親切、丁寧を心掛け、
“神様と人との仲とりもち”となるように努めていきましょう。

※入社6カ月の職種名称は「巫女見習」となります。
 正規雇用であることに違いはありません。

求める人材

≪未経験・第二新卒 歓迎/資格不要≫
●将来を見据えて転職を考える方
●奈良で長く働きたい方
※立ち居振る舞いや神楽舞など、
入社後に身に付けることができます。

【私たちはこんな方を求めています】
◎神様に感謝の気持ちを持ってお仕えし
参拝の方が「またこの神社に来てみたい」と思ってもらえるよう、
心地よい笑顔でお迎えし、謙虚な心で親切、
丁寧におもてなしできる方。

◎作法や業務などを
前向きに修得する地道な努力のできる方。

◎日本の民族性や精神性を
はじめとする、文化や伝統を維持継承する
「伝承者」である自覚と覚悟を持てる方。

【巫女として適性である人】
適性とは具体的に、『神様と人との仲とりもち』になれる方。
※詳しくは「巫女としての適性」をご確認下さい。

勤務地

奈良県

奈良県桜井市三輪1422番地
※上記大神神社境内施設の祈祷所、
授与所、社務所、接遇施設、摂末社
(別地番の桜井市内及び
奈良市内の摂末社含む)出張先。

勤務時間

●1カ月単位変形労働時間制
・8:45〜17:00 休憩60分
(昼食時間含む)
・その他就業規則において、
毎月朔日 午前7時〜午後5時
年7回大祭日 午前8時15分〜午後5時
など別の定めがあります。
・12月31日は深夜業務があります。

休日・休暇

●休暇/月7回
(1カ月単位変形労働時間制)
 ※年間84日+特別休暇2日 計86日
 ※シフト制(前月末迄にシフト決定)
 ※正月は休日出勤あり

●有給休暇
 ※初年度 入社6カ月後に10日付与

給与

初年度想定年収:150〜300万円

●大卒・大学院了 月給193,400円〜
●短大卒・高専卒 月給176,500円〜
●高卒 月給164,500円〜


【固定残業代制】 入社1年目

(固定残業代は別途支給)※固定残業代は5.5時間分6,900円、時間超過分は追加支給


【年収例】

入社1年目 (高卒4月入社)合計=2,500,000円程

試用期間

試用期間無し

受動喫煙対策

【対策内容】
敷地内禁煙
喫煙専用室設置

昇給・賞与

●昇給/年1回4月 ※2019年度実績4,500円
●賞与/年4回(5カ月分)
但し、入社1年目のみ規程による支給額となります。

諸手当

●住宅手当
●管理職手当
●家族手当
●残業手当
●通勤手当

福利厚生

●健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険加入
●職員互助会
 ※研修旅行 年1回
●茶道講習
●短歌教室
●書道教室
●神楽舞講習

大神神社とは(1)

大神神社(オオミワジンジャ)の創祀に関わる伝承は
『古事記』や『日本書紀』の神話に記されています。
『古事記』によれば、
大物主大神(オオモノヌシノオオカミ)
が出雲の大国主神(オオクニヌシノカミ)の前に現れ、
国作りを成就させる為に「吾をば倭の青垣、東の山の上にいつきまつれ」
と三輪山に祀られることを望んだとあります。
また、『日本書記』でも同様の伝承が語られ、
二神の問答で大物主大神は大国主神の
「幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)」
であると名乗られたとあります。
そして『古事記』同様に三輪山に鎮まることを望まれました。
この伝承では大物主大神は
大国主神の別の御魂(みたま)として顕現され
三輪山に鎮まられたということです。

大神神社とは(2)

この様に『古事記』『日本書紀』の神話に
創祀の伝承が明瞭に記されていることは
貴重なことで、当社が神代に始まった
古社中の古社と認識されており、
ご祭神の神格が如何に高かったかを
物語っていると言えます。
そして、ご祭神がお山に鎮まっておられることから、
当社は古来本殿を設けずに
直接に三輪山に祈りを捧げるという、
神社の社殿が成立する以前の
原初の神祀りの様を今に伝えており、
その祭祀の姿ゆえに我が国最古の神社と呼ばれています。

大神神社とは(3)

大神と書いておおみわと読むように
古くから神様の中の
大神様として尊ばれ
第十代崇神天皇の時代には
国造りの神、国家の守護神
として篤く祀られました。
平安時代に至っても
大神祭 オオミワノマツリ
鎮花祭 ハナシズメノマツリ
三枝祭 サイクサノマツリ
が朝廷のお祭りとして
絶えることなく斎行され
神階は貞観元年(859)に
最高位の正一位となりました。
延喜式の社格は官幣社(大社)でのちに大和国一之宮となり
二十二社の一社にも列なるなど最高の待遇に預かりました。

中世には神宮寺であった
大御輪寺や平等寺を中心に三輪流神道が生まれ全国に普及し
人々に強い影響を及ぼしました。
近世に入ると幕府より社領が安堵され
三輪山は格別の保護を受け
明治時代にはその由緒により官幣大社となりました。

現在も国造りの神様生活全般の守護神とし国内外問わず多くの参拝者が訪れます。

巫女としての適性とは『神様への純粋な奉仕』と『神様と人との仲とりもち』

神社で働く職員は神様のためにご奉仕すること
すなわち「神明奉仕」を第一とします。
参拝する多くの人々は
神社に癒やしや安らぎを求めてお詣りされます。
職員も「自ら神様に感謝の心を持って奉仕する」
といった心情がなければ
参拝者の気持ちに寄り添うことはできません。
特に巫女は、参拝者にとって
親しみを感じる存在であり
訪れる人々が気持ちよく参拝し
神社を好きになって頂けるように努めるのが
大切な役目の一つでもあります。
そのため普段から
清楚であることはもちろん
笑顔で、親切、丁寧を心掛け
『神様と人との仲とりもち』
となるように務めることが
もっとも巫女として
適していると言えます。

巫女は
その立ち振る舞いによって
日本の伝統と文化を伝える
伝承者としての役割を担っています。
また、巫女が舞う神楽舞は
神様に捧げる神聖で崇高なものであり
優雅な心持ちも必要とされます。

応募・選考について

応募方法

まずはRe就活より
ご応募をお願い致します。

まずはRe就活より
ご応募をお願い致します。

選考プロセス

▼Re就活より応募
▼書類選考
 ・提出書類:履歴書
(自己アピール、神社で働きたい意思、
巫女になりたい意思を具体的に)
▼面接(1回)
▼内定

※選考で小論文を書いて頂く
場合もあります。

▼Re就活より応募
▼書類選考
 ・提出書類:履歴書
(自己アピール、神社で働きたい意思、
巫女になりたい意思を具体的に)
▼面接(1回)
▼内定

※選考で小論文を書いて頂く
場合もあります。

連絡先

三輪明神 大神神社

〒633-8538
奈良県桜井市三輪1422
TEL:0744-42-6633(代表)
人事担当:
井上(いのうえ)・野上(のがみ)

三輪明神 大神神社

〒633-8538
奈良県桜井市三輪1422
TEL:0744-42-6633(代表)
人事担当:
井上(いのうえ)・野上(のがみ)

あなたの「希望」を叶えるポイント

専門性・スキルが身につく

◆美しい立ち居振る舞いや
「神楽舞」を習得

巫女は、
日本の伝統と文化を伝える
“伝承者”でもあります。
その伝統・文化とは
日本の美しい立ち居振る舞い。
そして神楽舞です。
例えば一つ一つの所作に
「進左退右、起右座左」など
神様を敬うための
細かな決まりごとがあります。
食事一つするにも作法があるため
慣れないうちは大変かもしれませんが
それらが身に付き
優雅な立ち居振る舞いが
できるようになったときには
あなた自身にも
心境の変化があるはずです。
また、神楽舞は
巫女だけが舞うことができる
特別なもの。
マニュアルのようなものも一切なく、
先輩巫女たちから伝承されていきます。
もちろん一朝一夕で
舞えるようになるものではありませんが
同じように
イチから所作や舞を
習得されてきた先輩方が
あなたの成長に寄り添って
丁寧に指導していきます。

新規事業開拓に積極的

◆伝統と新しさを兼ね備えた神社

「神社」と聞くと
伝統を重んじて
新しいことに
チャレンジすることが
難しいイメージを
お持ちではないでしょうか?
しかし大神神社では
そういった伝統を大切にしつつ
『日本で最も古く、日本で最も新しい神社』
を目指しています。
神社業界の中でも
いち早くIT化を進め
参拝される方々の利便性のみならず
働く職員の皆さんの
業務の効率化も高めてきました。
今後も時代のニーズに応えるべく
”えっ!神社が!”と思われる様な
新しいことも
前向きに取り入れるなど対応していきます。

こういった新しい試みも
積極的に取り入れる当社ですので
異業種で頑張って来られたあなたの
アイデアや意欲を活かすことができます。
これからの生き方
働き方を真剣に考えている方は
ぜひ大神神社で神様に仕えてみませんか。

転勤の心配なし

◆奈良で新しい一歩を踏み出したい方へ

三輪の神様は
飛鳥時代よりも遙か以前
三輪山の麓に都があった時代から
既に皇室国家の守護神として
三輪山に鎮まり
古代の人々から
御神体山として
崇められてきました。
そしてそれは
今もこれからも変わらず続いていきます。
ですから
巫女として
神様にお仕えする皆さんの勤務地も
もちろんこの三輪の地。

地元奈良に貢献する仕事がしたい
という方だけでなく
「奈良で暮らしたい」
「奈良で新しい一歩を踏み出したい」
というI・Uターンの方も歓迎いたします。
太古より文化と歴史が息づく三輪の地で
三輪の神様とご縁を結んでみませんか?

社員に聞く!会社のリアル

人事担当者からのコメント

募集する理由

Re就活世代は
学生時代の就活とは違い
一度社会を経験された方が
自分に相応しい場所
自分がしたかったこと
新しい自分探しなど
様々な考えで
次の職場を求めていると思います。

そういった本当に自分が求める職
を明確にし
「5年、10年後の自分を見据えて勤めたい」
と考えている方は
当社の理想に近い人物像です。
Re就活でこのような人材と出会い
大神神社に
新しい風を吹かしたい
と考えています。

選考のポイント

巫女という職種に
憧れを抱いておられる方も
多いと思います。
しかし今回求めているのは
『憧れを“覚悟”に変えて』いける方。
難しい表現ですが
巫女は文化や伝統を継承する伝承者であり
晴れの世界で神様に仕える者です。
その覚悟のある方を求めています。
そして参拝者の方や
同僚の巫女・神職など
多くの方と気持ち良く
コミュニケーションを取ることが
できる方が
巫女としての素質を
お持ちだと言えます。

先輩社員からのコメント

先輩の入社理由

アルバイトでサービス業は
経験しましたが
同じく人と接する仕事でも
巫女は特別な存在。
実は姉も巫女をしていたのですが
「どのような仕事・職場なのか?」
実際に自分が奉職してみないと分かりません。
そういった未知の世界への興味もあり
入社を決意しました。

巫女の仕事は皆さんもご存じのような
授与所で御守や
お札の授与することだけではありません。
お祭りやご祈祷での神楽舞
お札やお供えなどの準備
そして毎日清掃が基本。
こうした祭典や御祈祷などの
御神前での奉仕をするため
細かな作法や準備なども
習得していきます。
さらに茶道や短歌の
講習に参加することもあります。

御神前に足を踏み入れられるのは
神職さんと巫女のみ。
日常では経験できないことが経験でき
神様の近くでご奉仕ができることに
大きなやりがいを感じています。
より高い技術の習得のため
先輩たちを見習って
努力していきたいです。

企業情報

三輪明神 大神神社

従業員数

108名

資本金

宗教法人のためなし

売上高

宗教法人のためなし

本社所在地

奈良県桜井市三輪1422番地

事業内容

宗教法人業務。
祭祀・祭典、祈祷、
お札・お守などの授与、
結婚式、出張祭典、文化事業など。

【巫女】日本最古の神社に仕える『巫女』募集/今だからこそあなたの本当にやりたいことを

  • 三輪明神 大神神社
この求人に応募した人は、こんな求人もチェックしています!
この求人に応募した人は、
こんな求人もチェックしています!

検索条件及び掲載内容について

本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。
正確で詳しい求人情報を目指し、弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
「Re就活 お問い合わせフォーム(質問箱) 」