最終更新日
2020/10/30(金)
掲載終了予定日
2020/11/26(木)

掲載終了

【大学職員】組織を支え仕事に前向きに挑戦していくRe就活世代を求めています!

国立大学法人等グループ(関東甲信越地区)

  • 正社員
  • 社会人経験不問
  • 第二新卒歓迎
  • 完全週休2日制
業種
団体・連合会・官公庁・独立行政法人/教育/その他業種
職種
一般事務
初年度想定年収
250〜350万円
勤務地
関東すべて/新潟県/山梨県/長野県
  • 正社員
  • 社会人経験不問
  • 第二新卒歓迎
  • 完全週休2日制

みらいをひらく 〜Develop the future〜

私たち国立大学法人等職員は、変化する社会を広く見つめ、自ら考え、向上心を持って、
組織運営のスペシャリストとして、社会のニーズに合った教育や研究の支援、組織運営を行っていきます。
未来へ向け、職員として活躍できる場は無限大です。

■国立大学法人等とは?
国立大学法人等職員の採用は、国立大学法人、大学共同利用機関法人、独立行政法人、国立高等専門学校機構、放送大学学園が合同で採用試験を実施しています。
全国で208機関、関東甲信越地区には、全65機関があります。
各機関は、法人化を経て、個々の独立した機関に生まれ変わり、経営の責任と自由が格段に増大しました。

■どんな仕事?
国立大学法人等職員の仕事というと、学生への対応業務を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際の業務は多岐にわたります。
幅広く運営に携わる事務職員のほか、専門知識を活かして働く図書職員、施設系技術職員、教育・研究支援系技術職員が各機関の運営を支えています。

20代専門転職サイト「Re就活」

募集要項

募集職種

【事務系職員】
事務職として、総務・人事/企画/財務・会計/学生支援/研究支援/国際交流/医療支援/図書 などの業務を通じ組織運営に関わります。

【技術系職員】
・施設系技術職(電気、機械、土木、建築分野)
施設部門に配属され、国立大学法人等の様々な施設の企画、計画、設計、工事監理、維持管理などの業務を通じて組織の運営に関わります。
・教育・研究支援系技術職(電気、機械、土木、建築、化学、物理、電子・情報、資源工学、農学、林学、生物・生命科学分野)
技術部門や各研究室等に配属され、専門知識を活かし技術面から教育・研究活動を支援します。

※令和3年度試験案内、各機関・各区分の採用予定数は令和3年3月1日(月)に関東甲信越地区の採用試験HP(http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/)で公開します。

仕事内容

関東甲信越地区内の国立大学法人等各機関の運営、教育・研究の支援を行う仕事です。

●事務系職員の採用区分は、事務と図書の2区分です●
・事務
総務・人事:組織全体を総括し、機関や教職員を支えるための幅広い業務
企画   :機関を発展させるための計画、その進捗状況管理等の業務
財務・会計:組織の運営に必要な財務上の計画や管理業務
学生支援 :学生の入学から卒業までの学業・生活面の支援業務
研究支援 :研究の助成、産官学連携の推進支援業務
国際交流 :海外との学術交流や学生交流の推進支援業務
医療支援 :高度先進医療を担う大学病院の管理運営業務

・図書
図書貸出、図書選定、ネットワークを利用した情報提供等の教育研究活動を支援する業務

●技術系職員の採用区分は、以下の11区分です●
〈電気、機械、土木、建築、化学、物理、電子・情報、資源工学、農学、林学、生物・生命科学〉

・施設系技術職(電気、機械、土木、建築分野)
キャンパスマスタープランの作成
新築・耐震改修等の企画・計画、設計・工事監理
各種施設、設備の維持管理
省エネルギー対策の策定、実施  など

・教育・研究支援系技術職(電気、機械、土木、建築、化学、物理、電子・情報、資源工学、農学、林学、生物・生命科学分野)
データ解析、試料作製
学生実験等の技術支援・助言
研究・実験機器等の設計・開発・維持管理  など

職員の仕事は、学生支援だけではありません。企画・運営や財務管理の仕事、図書職員や技術系職員は専門知識を活かす仕事などで組織を支えています。
どんな仕事にも前向きに挑戦していくことができる方を求めています。

求める人材

【学歴・職歴等不問】採用後に研修・OJTを通じて仕事に必要なことを学んでいきます

令和3年度試験案内等(試験に関する日程、受験資格、各機関・各採用区分の採用予定数)は令和3年3月1日(月)に関東甲信越地区の採用試験HP(http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/)で公開します。

参考までに【令和2年度の受験資格】は・・・
平成2年(1990年)4月2日以降に生まれた方(※長期勤続によるキャリア形成を図る観点から上記年齢で募集。(雇用対策法施行規則第1条の3第1項3号のイ))
ただし、次の方は試験を受けられません。
・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの方又はその刑の執行猶予の期間中の方その他その執行を受けることがなくなるまでの方
・懲戒解雇又はこれに相当する処分を受けたことのある方で、その処分の日から2年を経過していない方
・日本国内における活動に制限のない在留資格を有しない方

勤務地

関東甲信越地区の国立大学法人、大学共同利用機関法人など
関東甲信越地区には、以下の65機関があります。
<国立大学法人>26機関
<大学共同利用機関法人>11機関
<独立行政法人>19機関
<独立行政法人国立高等専門学校機構>8機関
<特別な学校法人>1機関

詳細は、関東甲信越地区の採用試験HP(http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/)で「機関紹介」に進み、「機関一覧」をご確認ください。

※令和3年度試験案内、各機関・各区分の採用予定数は令和3年3月1日(月)に関東甲信越地区の採用試験HP(http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/)で公開します。

勤務時間

実働7時間45分
※原則として8:30〜17:15(昼休み1時間含む)。
採用機関・配属部署により、勤務時間に多少の前後があります。
また、交替制勤務などを要する勤務場所に配属される場合があります。

休日・休暇

[休日]
完全週休二日制(土日休み)、祝日、年末年始(12/29〜1/3)
※交替制勤務者を除く。
入試・イベントなどの際に休日出勤を行った場合は振替・代休を取得していただきます。
[休暇・休業]
年次有給休暇(年20日付与。4月採用者はその年は15日付与。残日数は20日限度で翌年繰越可。(年間で最高40日))
特別休暇(夏季、結婚、産前、産後、忌引等)
病気休暇
育児休業
介護休業

給与

初年度想定年収:250〜350万円

月給/180,700円〜約220,000円(各種手当除く)
※学歴・職歴により各個人で異なります。


【固定残業代制】 固定残業代制は採用しておりません。


【年収例】

290万円(22歳/係員、各種手当を除く)

360万円(30歳/係員、各種手当を除く)

試用期間

(試用期間有り) 6ヶ月 試用期間中でも条件変わらず。

受動喫煙対策

【対策内容】
敷地内禁煙(ただし、屋外で受動喫煙を防止する必要な措置が取られた場所に喫煙所を設置。)

昇給・賞与

昇給:年1回
賞与:年2回(6月・12月)

諸手当

通勤手当
住居手当
扶養手当
超過勤務手当  他

福利厚生

社会保険完備(文部科学省共済組合加入)
財形貯蓄
宿舎(独身用、世帯用)
介護休業制度
育児休業制度
健康診断  他

応募・選考について

応募方法

国立大学法人等の職員になるためには、各機関が合同で実施する国立大学法人等職員採用試験を受験する必要があります。この試験は、全国7地区(北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州)の各実施委員会で行います。
関東甲信越地区に所在する各機関(全65機関)に興味のある方は、関東甲信越地区の採用試験HP(http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/)をご覧ください。

各機関の採用予定数及び試験案内(試験日程及び受験資格等の詳細)は、令和3年3月1日(月)に上記ホームページで公開します。

国立大学法人等の職員になるためには、各機関が合同で実施する国立大学法人等職員採用試験を受験する必要があります。この試験は、全国7地区(北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州)の各実施委員会で行います。
関東甲信越地区に所在する各機関(全65機関)に興味のある方は、関東甲信越地区の採用試験HP(http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/)をご覧ください。

各機関の採用予定数及び試験案内(試験日程及び受験資格等の詳細)は、令和3年3月1日(月)に上記ホームページで公開します。

選考プロセス

1.試験案内等の確認
 ↓

2.受験申込
※上記HPから国立大学法人等グループ会員登録を行い、試験案内を確認して受験申込機関内に申込みを行ってください。
 ↓

3.第一次試験(筆記)(全地区同一日)
※教養試験のみ
 ↓

4.第一次試験合格発表(全地区同一日)
 ↓

5.第二次試験
採用予定のある各機関が個別に実施(面接考査等)
各機関HP等で申込方法を確認し、自身で申込み
※図書区分のみ専門試験(筆記)あり
 ↓

6.最終合格
※応諾は1機関のみ
 ↓

7.採用

1.試験案内等の確認
 ↓

2.受験申込
※上記HPから国立大学法人等グループ会員登録を行い、試験案内を確認して受験申込機関内に申込みを行ってください。
 ↓

3.第一次試験(筆記)(全地区同一日)
※教養試験のみ
 ↓

4.第一次試験合格発表(全地区同一日)
 ↓

5.第二次試験
採用予定のある各機関が個別に実施(面接考査等)
各機関HP等で申込方法を確認し、自身で申込み
※図書区分のみ専門試験(筆記)あり
 ↓

6.最終合格
※応諾は1機関のみ
 ↓

7.採用

連絡先

関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験実施委員会幹事会採用試験事務室
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1(東京大学本部内)
TEL:03-5841-2769 ,2770
e-mail:shikenjimu.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp

関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験実施委員会幹事会採用試験事務室
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1(東京大学本部内)
TEL:03-5841-2769 ,2770
e-mail:shikenjimu.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp

あなたの「希望」を叶えるポイント

専門性・スキルが身につく

事務職員は、学生支援業務以外にも企画、財務・会計、国際交流等の様々な業務に携わり、組織運営のスペシャリストとなることが期待されています。図書職員や技術系職員は専門知識を活かした業務を通じて組織の運営に関わります。職員は、多彩なフィールドで活躍しています。あなたの活躍するフィールドはどれでしょう?

ワークライフバランスを重視

子育て支援や介護のための休暇・休業制度など、職員一人一人が安心して職務に専念できるよう、多様な生き方をサポートしています。体育施設や附属図書館の利用などもできます。

教育制度・研修が充実

採用後は、職務の遂行に必要な知識の習得や能力の向上を目的として、各機関が個別または合同で【階層別研修】【目的別研修】【自己啓発支援】など各種研修を行っています。

企業情報

国立大学法人等グループ(関東甲信越地区)

設立

2004年4月1日、文部科学省の行政機関より法人化

従業員数

約44,000名

資本金

機関ごとに異なります。

売上高

公的機関のためありません。

本社所在地

【関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験実施委員会幹事会採用試験事務室】
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1(東京大学本部内)

事業所

関東甲信越地区には、以下の65機関があります。
<国立大学法人>26機関
<大学共同利用機関法人>11機関
<独立行政法人>19機関
<独立行政法人国立高等専門学校機構>8機関
<特別な学校法人>1機関

詳細は関東甲信越地区の採用試験HP(http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/)で「機関紹介」に進み、「機関一覧」をご確認ください。

事業内容

各機関が個性と特色を発揮して、社会の発展に寄与するという公共的な役割を担い、社会的使命を果たすために、様々な取組を行っています。
【教育】次世代を担い多様な分野で活躍する人材の育成
【研究】基礎から応用研究まで、人類の発展を支える研究
【社会貢献】教育、研究の成果を社会に還元する地域・国際貢献

関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験HP

http://ssj.adm.u-tokyo.ac.jp/

【大学職員】組織を支え仕事に前向きに挑戦していくRe就活世代を求めています!

  • 国立大学法人等グループ(関東甲信越地区)
  • 掲載終了
この求人に応募した人は、こんな求人もチェックしています!
この求人に応募した人は、
こんな求人もチェックしています!

検索条件及び掲載内容について

本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。
正確で詳しい求人情報を目指し、弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
「Re就活 お問い合わせフォーム(質問箱) 」