締切間近
最終更新日
2022/04/15(金)
掲載終了予定日
2022/05/26(木)

掲載終了まで
あと2

【総合職事務系】国民生活に必要不可欠な食料を供給するとともに、地域の経済・社会を支えています。 農林水産省

  • 正社員
  • 月給25万円以上
  • 社会人経験3年以上優遇
  • 業種未経験歓迎
業種
団体・連合会・官公庁・独立行政法人
職種
一般事務
初年度想定年収
400〜600万円
勤務地
東京都
  • 正社員
  • 月給25万円以上
  • 社会人経験3年以上優遇
  • 業種未経験歓迎

生命を支える「食」と安心して暮らせる「環境」を未来の子どもたちに継承していくことを使命としています!

農林水産省では、変化スピードが増す社会情勢を背景として、令和元年から民間企業等での勤務経験をお持ちの方を国家公務員総合職(事務系)として中途採用しています。

日本の人口減少、少子高齢化等により、日本の農業従事者の平均年齢は66.8歳、65歳以上の占める割合は約7割と、日本の農林水産業は危機的状況にあり、今まさに農政は転換点を迎えています。
将来の日本の安心・安全な食を守るため、大局的な政策を企画・立案・実行することが必要であり、総合職に求められる仕事の難易度も高まっています。しかし、その分自分たちの仕事が社会貢献に繋がっているんだという大きなやりがいを感じていただけるポジションです。

農業や食などの専門知識は一切不問。求めるのは、「課題を探り当て、粘り強く解決に導く姿勢」、そして、「より良い行政をつくりたいという想い」。省外での経験があるからこそ気づける仕事や組織風土についての指摘・改善提案ももちろん歓迎します!


■ イベント参加情報

【 東京転職博 】
講演コーナー
日時:5月13日(金)、14日(土)

▼詳しくはコチラ
https://re-katsu.jp/career/events/evt_dtl.aspx?p1=evt1297

20代専門転職サイト「Re就活」

募集要項

募集職種

総合職事務系(係長級)

仕事内容

政策の企画・立案・実行、法令改正等のためのアイデア検討・推進・調整等
農林水産業の成長産業化、地域活性化、国際交渉など、農林水産省の所管する分野に関する政策の企画・立案・実行、法令改正等のためのアイデア検討・推進・調整等をお任せします。

※ 国会期間中は、深夜まで準備のために残業することもあります。ただし、毎日ではありません。
※ 基本的に休日出勤はありません。ただし、危機管理関係の部署の担当は、当番で出勤することもあります。
※ 2〜3年おきに人事異動があり、新しい仕事に取り組んでいただきます。海外ポスト、地方ポストへの出向を含む様々な部署で政策の立案・運用、法案改正等を経験し、農林水産行政のジェネラリストを目指していただきます。

求める人材

【大卒以上】民間企業、官公庁、国際機関、研究機関等の勤務経験5年以上、かつ、マネジメント経験のある方
【必須条件】
以下の条件すべてを満たす方
・大卒以上
・民間企業、官公庁、国際機関、研究機関等の勤務経験が応募時において5年以上
・部下を持ちマネジメントした経験がある方

【歓迎するスキル・人物像】
・自ら課題を捉え、政策を考えていく能動性のある方
・プロジェクト推進などに携わった経験のある方
・チームを一つの方向にまとめ、ミッションを進めていくことができる方
・様々な意見を聞いた上で、適切に物事の意思決定を行うバランス感覚がある方
・好奇心が強い方(2〜3年ごとに部署異動があり、常にインプットが必要となるため)

勤務地

農林水産省本省
東京都千代田霞が関1−2−1

勤務時間

業務により、以下のいずれかの働き方(すべて実働7時間45分)
8:30〜17:15/9:00〜17:45/9:30〜18:15

※フレックスタイムの適応も可
・1日の標準労働時間/7時間45分
・コアタイム/9:00〜15:00
・フレキシブルタイム/7:00〜22:00

休日・休暇

・週休2日制(土日)
・祝日休み
・年末年始休暇(6日間)
・GW休暇
・夏季休暇(3日間)
・慶弔休暇
・有給休暇
・産前・産後休暇
・育児休暇
・介護休暇
・出産休暇
・子の看護休暇
・ボランティア休暇

※5日以上の連続休暇取得可能

給与

初年度想定年収:400〜600万円

月給29万5300円以上

※経験や能力等を考慮して決定します。
※超過勤務手当は全額支給します。


【固定残業代制】 固定残業代制は採用しておりません。


【年収例】

500万円(総合職事務系・係長/28歳/勤続6年)

試用期間

試用期間無し

受動喫煙対策

【対策内容】
屋内禁煙

昇給・賞与

(昇給)
年1回(1月)

(賞与)
年2回(6月・12月)

諸手当

・通勤手当(上限月5万5000円)
・家族手当(配偶者:月6500円、子月1万円〜1万5000円/規定あり)
・住宅手当(上限月2万8000円/一定額を超える家賃を支払っている方)
・超過勤務手当
・出張手当
・単身赴任手当

福利厚生

・各種社会保険完備
・退職金制度
・財形貯蓄制度
・確定拠出年金制度
・社宅制度
・研修制度(英会話研修、マネジメント研修等)
・海外研修・留学制度
・出張旅費支給
・国家公務員災害補償法制度
・育児休業制度
・育児短時間勤務制度
・庁舎内に食堂・コンビニあり
・農林水産省保育園(千代田区認可の事業者内保育園/2017年開業)
・子育て座談会(育児中の職員が集まり、仕事と子育ての両立について情報交換できます)
・職員能力向上講座(効率的な仕事方法や育児中の職員を部下に持つ上司の心得などを、外部講師から学びます)

応募・選考について

応募方法

農林水産省選考採用情報(国家総合職(事務系))で募集開始した後、
sogo_jimu@maff.go.jpのメールアドレスまで下記の応募書類を送付いただきます。

・小論文
・履歴書(写真貼付)
・職務経歴書(様式自由・A4一枚以内)

その際、メール件名に「総合職 事務系 係長級 応募」と記載してください。
メール以外の方法による応募(郵送等)は受け付けません。
応募書類の提出をもって応募完了とさせていただきます。

農林水産省選考採用情報(国家総合職(事務系))で募集開始した後、
sogo_jimu@maff.go.jpのメールアドレスまで下記の応募書類を送付いただきます。

・小論文
・履歴書(写真貼付)
・職務経歴書(様式自由・A4一枚以内)

その際、メール件名に「総合職 事務系 係長級 応募」と記載してください。
メール以外の方法による応募(郵送等)は受け付けません。
応募書類の提出をもって応募完了とさせていただきます。

選考プロセス

書類選考

1次面接(人事)+Web適正検査

2次面接(省内の個別の政策担当課職員)

最終面接(人事)

内定(採用予定日は4月1日以降で内定者と調整)

書類選考

1次面接(人事)+Web適正検査

2次面接(省内の個別の政策担当課職員)

最終面接(人事)

内定(採用予定日は4月1日以降で内定者と調整)

連絡先

農林水産省大臣官房秘書課
企画第1班 川上

電話番号(直通):03−6744−2001
メールアドレス:sogo_jimu@maff.go.jp

農林水産省大臣官房秘書課
企画第1班 川上

電話番号(直通):03−6744−2001
メールアドレス:sogo_jimu@maff.go.jp

企業情報

農林水産省

設立

1881年

代表者

農林水産大臣 金子原二郎

従業員数

20,150名

本社所在地

東京都千代田霞が関1−2−1

農林水産省選考採用情報(国家総合職事務系)

https://www.maff.go.jp/j/joinus/recruit/keiken/senkou_jimu.html

採用案内

https://www.maff.go.jp/j/joinus/recruit/index.html

【総合職事務系】国民生活に必要不可欠な食料を供給するとともに、地域の経済・社会を支えています。

  • 農林水産省
  • 掲載終了まで
    あと2
こちらも要チェック。あなたの志向にマッチしそうなオススメ求人
こちらも要チェック。あなたの志向にマッチしそうなオススメ求人
検索条件及び掲載内容について

本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。
正確で詳しい求人情報を目指し、弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
「Re就活 お問い合わせフォーム(質問箱) 」