既卒・第二新卒・若手転職者のための就職・転職活動お役立ちコラムお悩み解決!!!

既卒・第二新卒の圧迫面接対策

カテゴリ:面接

面接の数をこなしていくと、一度は出会うのが「圧迫面接」。

オキタも既卒時代に、圧迫面接を体験したことがあります。
面接官の鬼のような形相と、意地悪な質問にビビりまくり、 面接が終わった頃には、通過してもココは入りたくないなあ…という気持ちが強くなってしまったことが思い出されます。

そもそも、志望者にそんな思いをさせてまで圧迫面接をするのはナゼなのでしょう?

目的は「ストレス耐性をはかる」こと

採用担当者が見ているのは、求職者が「困ったとき」や「いやなことを言われたとき」に、どのように対処するかということ。
これは、嫌なお客さんや無理なことを言ってくる取引先に対処しなければならない場面で、あなたがどんな反応をするか面接官が試しているのです。
(決してあなたをいじめているわけではないのでご安心を!)

うまく圧迫面接を切り抜ける対処方法を知って、少しでもストレスを和らげることが大切です。

対処法1:圧迫面接をされている自覚をもつ

まずは心の中で「これは圧迫面接だ!」と思うことが大事。
圧迫面接だと割り切ってしまえば、冷静に対応ができます。
また、圧迫面接をされるということはそれなりの採用見込みがあるのだと考えて、ポジティブに乗り切りましょう。

質問内容などにイラッとくることもあると思いますが、面接官はそれを目的でやっているのだと考えて、感情で受け答えしないことが重要です。

対処法2:面接官の言ったことを否定しない

面接官の言ったことに対して

「いや、そうではなくて…」
「そんなことはありません」

と否定するのは印象がよくありません。
こういった否定のフレーズを言うと、

「入社したあと、上司が言ったことを否定するのでは?」
「自己中心的なのでは?」

と勘ぐられてしまう恐れがあるからです。
言われたことはあくまでも冷静に切り返しましょう。
腹を立てて面接官に反論したり、黙り込んでしまったりすることは評価を下げるので注意が必要です。

対処法3:日ごろから切り返し方を考えておく

圧迫面接に限りませんが、既卒や第二新卒だと
就職をしなかった理由や、早期に会社を辞めてしまった理由など、ある程度質問内容の予測ができますよね。

これらのことを聞かれたときにもひるまずにしっかり説明できるよう、日ごろから対策を練っておくことが大切です。


受け答えしにくいことを言われると、下を向いてしまったり、声が小さくなったりするもの。
圧迫面接をされたときこそ内定が近いと思って、見た目だけでも笑顔で乗り切って、内定獲得しましょう☆


Re就活で理想の就職・転職を!

ビジネスマナーがまだ身についていない職歴の浅い方や、いままで働いたことのない既卒の方でもご安心ください!
Re就活には就職・転職に役立つ情報が満載。既卒・第二新卒歓迎の新着求人も日々アップされています。
まずは会員登録をして、ぜひアナタの希望にあった就職・転職を実現させてくださいね。

      

Re就活への会員登録はコチラ!

Re就活は未経験・就業経験なし・経歴2年以下がハンデにならない唯一の就職サイト!既卒・第二新卒・若手転職者の方は、ぜひ会員登録の上、ご利用ください!

会員登録(無料)

Re就活は未経験/就業経験ナシ/経験2年以下がハンデにならない唯一の転職サイト

既卒・第二新卒・若手転職者の方は、ぜひ会員登録の上、ご利用ください!

  • 会員登録はこちら

    会員登録(無料)

  • Re就活の説明はこちら

    他の転職サイトとココが違う!Re就活3つの特長

このページの先頭へ

ページのTOPへ戻る

© Gakujo Co., Ltd. All rights reserved.