外に出て、「運命の雨」に当たれ! ― 放送作家 鈴木おさむ 氏(第3回)

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

中村千晶

外に出て、「運命の雨」に当たれ! ― 放送作家 鈴木おさむ 氏(第3回)

すずき・おさむ◆1972年、千葉県生まれ。91年、明治学院大学在学中に19歳で放送作家としてデビュー。数々の人気テレビ番組に加え、ドラマ、舞台などの脚本・演出も数多く手掛ける。妻・大島美幸さんの出産後は1年間、放送作家業の“育休”をとり、長男・笑福(えふ)君の育児に専念した。その体験記『ママにはなれないパパ』(マガジンハウス)など著書も多数。2018年5月には初監督映画「ラブ×ドック」が公開された。作・演出の舞台「カレフォン」が全国主要都市で11月13日まで公演。

 

――鈴木さんは、いまの若者をどう見ていますか?

 最近、若い子と話していると、けっこう効率的に就活してるなという気がします。「テレビ番組を作りたい」と言っていたある男の子は、本当は自分好みの番組を作る制作会社を希望していたんだけど、テレビ局の試験にも受かった。彼は「とりあえず、3年間テレビ局に行く」と言うんです。たしかに制作会社で3年やるより、テレビ局に3年いて辞めたほうが、彼の“価値”も上がるだろうし、評価も変わってくる。独立する道もあるかもしれない。かつては最強だった有名企業への就職も、いまの若者にとってはキャリアアップのひとつなのか、と感じて、「いいな」と思った。もう永久就職とか、社長を目指すとかいう時代じゃないですから。仕事を、やりたいことを実現するためのひとつの手段と捉える人が増えている。僕のまわりには起業した人がめちゃくちゃ多いんです。

 

――「やりたいことが見つからない」という人もいます。どうしたらいいと思いますか?

 まず「外に出る」こと! 例えば最寄り駅から家に帰る道って、だいたい決まってますよね。10年間そこに住んでいても、通らない道ってある。そこで入ったことのない店に入ってみる。これは比喩じゃなくて、実際に僕はそれをやったんですよ。

 30代後半のとき、近所にすごく入りづらいバーがあったんです。4年くらい前を通っていただけだったけど、あるとき思い切って扉を開けてみた。そしたらおばちゃんの笑い声が聞こえて「あれ? 思ってたバーと違う」と思った。そこで飲んで知り合った人と仕事にもつながった。たった一歩の勇気が出ると、すごく世界が広がるんです。

 運のいい人と悪い人って、いると思うんです。でも、運を「雨」だと思ってみてください。外に出てないと、そもそも雨に当たれないですから。AK1_3277.jpg

撮影:岸本 絢

 

――Re就活を目指す人にメッセージをお願いします。

 何のために転職するか、ですよね。自分が「何を求めてるのか」がハッキリしていることが一番大事です。「起業したい」でも「結婚相手を探したい」でも「いろんな仕事をしながら、“終の棲家”を見つけたい」でもいい。

 僕は仕事柄いろんな人に会いますが、その分野や仕事で成功を収めている人には、明確な共通点があります。それは「根性」。そして努力を努力と思わないこと。僕も新人のころ1週間に50本、物語をノーギャラで書き続けたことを努力と思っていなかった。

 「優秀だな」と思う若い人には「言い訳が少ない」「とにかく行動する」「まわりにイタいやつと思われることを恐れない」というのも共通しています。これをやりたいと思ったら、踏みとどまっていても何も始まらない。踏み出して、先に進んでみることです。

(おわり)

20代の転職なら「Re就活」

20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「Re就活」。
「もう一度、納得できる仕事を探したい」というあなたの向上心に期待する企業との出会いが待つ転職サイトです。

求人はすべてキャリアチェンジ大歓迎。あなたを採用したい企業から届く「スカウト機能」など、はじめての転職をサポートする機能が満載です。

“これまでの経歴”ではなく、“これからの可能性”を。

あなたの可能性に期待するたくさんの企業が、あなたのチャレンジを待っています。

300リサイズ_会員登録ボタン(緑)unzip.jpg