「会社の人間関係、もう疲れた…」抱え込む前にこの3つを試して!

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

玉田 誠一

「会社の人間関係、もう疲れた…」抱え込む前にこの3つを試して!

さまざまな人とコミュニケーションを取るスキルは、社会人として仕事をしていく上で必要不可欠です。しかし上司や同僚、部下との関係がうまくいかず仕事へ行くのが苦痛になってしまった人や、良い人間関係を築きたいと努力を重ねたけれど、なかなかうまくいかなかったという人もいるかもしれません。

そこでこの記事では会社の人間関係に疲れた人が実践すべきことについてまとめました。

人間関係がうまくいかないときにすべきこと3つ

1. 周囲の人に相談する

一人で悶々と悩んでいるとどうしても冷静な判断ができなくなってしまいます。職場の人間関係で悩みがあるのならば信頼できる人に相談してみましょう。

相談相手は職場の先輩や同僚のほか、家族や友人、恋人でもいいと思います。ただし、相談した内容の関係者とあまりに近い人物に相談したり、何人にも相談をしてしまうと、どこからか話が漏れてしまうリスクもあるかもしれません。相談する相手は慎重に選びましょう。またもしかすると、第三者の視点からも意見をもらうことで思わぬ解決策が見つかるかもしれません。

2. 意識を変える

Re就活の適職診断でも9つの性格パターンに基づいた診断をしているとおり、世の中にはさまざまなタイプの人がいます。すべての人と分かり合うのは難しいことであると割り切る気持ちもときには重要です。無理に合わせようとする気持ちを捨て「合わないものは仕方がない」「相手のことが苦手なのだからしょうがない」と意識を変えてみましょう。

とはいえ、合わない相手に対してあからさまに悪意をぶつけたり失礼な態度を取ったりするのはNGです。馴染めない人とは表面的な付き合いのみに留め、ストレスを溜めないように立ち回ることを意識してみましょう。

3. 転職を検討する

人間関係のこじれが強いストレスとなっているときには、転職も視野に入れましょう。

職場での人間関係がうまくいっていない方は「転職してもまた人間関係に悩むのでは」と感じてしまうこともあると思います。しかし、社員同士が上手にコミュニケーションを取りながら良好な人間関係を築いている職場は世の中にたくさん存在していて、現状を変えるより環境そのものを変えるほうがスピーディな場合も多々あります。転職活動をするときには、エージェントやキャリアアドバイザーに「人間関係の良い職場に転職したい」と相談したり、事前の見学で社内の雰囲気をチェックしたりするのがおすすめです。

握手する2人

人間関係に悩みを抱えている人は、この記事でご紹介したような方法をぜひ試してみてくださいね。気持ちよく働くために、良好な人間関係を築ける職場に転職をするのも有効な方法といえます。新たな気持ちを持って、あなたに合った職場環境を探してみましょう。

転職を検討している方は「Re就活」のサイトをチェックしてみてください。きっと役に立つ情報が見つかるはずです。

 

 

20代の転職なら「Re就活」
20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「Re就活」。
「もう一度、納得できる仕事を探したい」…というあなたの向上心に期待する企業との出会いが待つ転職サイトです。

300リサイズ_会員登録ボタン(緑)unzip.jpg