第二新卒の自己PRのコツは前向きな姿勢を見せること(K.O.さん) ― 第二新卒・既卒の転職成功のコツ

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

Re就活編集部

第二新卒の自己PRのコツは前向きな姿勢を見せること(K.O.さん) ― 第二新卒・既卒の転職成功のコツ

「今までこうだったから、こうなりたい」という前向きな姿勢を見せること

【プロフィール】

  • ●年齢:23才 ●職歴:総合職 ●活動期間:1ヶ月半 ●内定獲得社数:1社
  • ●応募数:6社 ●書類選考数:3社 ●書類選考通過数:3社 ●面接数:3社

自己PR/職務経歴書で、工夫した点を教えてください。

当たり前のことですが、自己PRについては「文字数を埋めるというより、
素直に自分がアピールしたいこと」を書きました。

ポイントに置いたのは、
「自分がどのような考え、行動をとる人物なのか」を伝えること。

具体的には、
「前職を辞めた背景や動機」
「特技である剣道について身に付いたことや実績」
「長所短所」
などをアピール。

また何度かの選考を経て、変わった点もあります。

それは、「考え方」の面。

最初に作成している時は、どうしても自分を飾ったり、
本音とは違うことを書いてみたりと、
「相手に自分を良く見せるための資料」と考えて作成していました。

ただこのようにして作ると、面接で深く突っ込まて、
あやふやに答えてしまったり自信なく話してしまったりと、逆に悪印象のもと。

またどんなに上手く飾り立てても、
採用担当者は何百人もの求職者を見てきているため、必ず見破られるものです。

そのため、「今までこうだったから、こうなりたい」など、
言い訳をせず真実を書くように変えました

 

【成功のコツ】

・選考に落ちたからこそ、学ぶことができる
・アピールと自分を飾り立てることは違う

志望動機は、どのように作りましたか?

志望動機は、「時代背景」や「今の自分」と照らし合わせて作りました。
もちろんホームページを見るのは基本です。

作成方法は、いたってシンプルで
「御社を志望した理由は、こう思ったから。そして、入社後はこういうことがしたい」と、
未来への明確なビジョンが見えるような作り方をしました。

 

【成功のコツ】

・「こういうことがやりたい」という明確な意志を表明する

内定を得るためのコツについて、気づいたことを教えてください。

繰り返しになりますが、私は就職をして、すぐに辞めているため、
最初のうちは「言い訳」を考えることに注力した部分がありました。

でも、どんなに良いように解釈した言い訳を考えても、
この事実は変わりませんし、たとえ、上手く表現できたとしても、
先ほど行ったように「見破られる」ものです。

なので、下手に言い訳をするのではなく、
「過去の反省をふまえて、前向きな考えを話すこと」を意識しました。

これが功を奏した結果、内定を得られたのだと思いますね。

 

【成功のコツ】

・離職が早い場合、「今までこうだったから、こうなりたい」という前向きな姿勢を見せる

20代の転職なら「Re就活」

20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「Re就活」。
「もう一度、納得できる仕事を探したい」…というあなたの向上心に期待する企業との出会いが待つ転職サイトです。

求人はすべてキャリアチェンジ大歓迎。あなたを採用したい企業から届く「スカウト機能」など、はじめての転職をサポートする機能が満載です。

“これまでの経歴”ではなく、“これからの可能性”を。あなたの可能性に期待するたくさんの企業が、あなたのチャレンジを待っています。