ライフステージの変化を考慮しよう! 20代女性が転職を成功させるには

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

山井 まちか

ライフステージの変化を考慮しよう! 20代女性が転職を成功させるには

これから結婚、出産、育児といったライフイベントを迎える20代女性も多いのではないでしょうか?「20代のうちに転職したい」と考えているのなら、今後の生活の変化を見越して、女性が働きやすい職場を選ぶことが大切といえるでしょう。

この記事では、女性が転職の際に考えておきたいことや、転職先選びのポイントなどについて解説します。

 

女性の転職は出産や育児を見越しておきたい

結婚や出産といったライフイベントは仕事に大きな影響を与えるもの。「キャリアアップしたい」「仕事とプライベートのバランスをとりたい」「出産や育児に備えたい」など、将来のビジョンがあるかと思いますが、ライフイベントを迎えて生活に変化が生じた場合に、仕事をどのように続けるのかをあらかじめ具体的にイメージしておきましょう。

妊娠、出産を経て同じ職場で働き続けるためには、産休や育休の取得が必要不可欠です。子育てと仕事の両立は、幼児期だけではなく子どもが落ち着く10歳頃までのことを見越しておきたいもの。出産や育児を見越して、産休や育休の取りやすい職場に転職するのは、有効な手段の1つといえるでしょう。

 

女性が産休や育休の制度を使うときの注意点

転職してすぐに産休や育休、時短勤務などの制度を利用するのが難しいというケースも少なくありません。中には、在籍期間が短い場合には産休や育休の制度を利用できないという社内規定を設けている会社もあります。

会社としては「入社したからには戦力として長く働いてほしい」と思っています。育休や産休は働く人の権利ですが、転職後すぐに休暇を取ると職場の上司や指導者に迷惑がかかるということは考えておきたいですね。

育児が落ち着いて復職してからも長く円満に働いていくためにできれば産休、育休を取得する前にある程度の実績を積みたいという方も多いでしょう。仕事を軌道に乗せてから産休や育休制度を利用できるよう、早めに転職をしておくのも1つの方法といえるでしょう。

 

転職先選びのポイントをおさえて、自分に合った転職先を探そう

以上を踏まえて、転職先を選ぶポイントをまとめてみましょう。

今後の出産、育児に備えたいなら、育児支援制度が整った職場を選びましょう。プライベートとの両立ができる「ワークライフバランス」を重視している職場も増えていますし、働きやすさを重視して、女性比率が高い職場を探すのも有効な方法です。

逆に、バリバリ活躍していきたい!という方なら、男女関係なく実力で評価される職場を選びたいですね。

それぞれの将来のビジョンに合った転職先を探せば、よりよい未来を掴むことができることでしょう。

 

pixta_42337042_M.jpg

20代の女性が転職を考えるときには、キャリアプランやライフステージの変化を見越しておくことが必要不可欠です。20代の時期を「今後の人生で飛躍するための準備期間」と考え、将来に備えた準備を始めてみましょう。

転職を検討している女性には「Re就活」の利用をおすすめします。女性が活躍できる仕事の情報も多数掲載されているので、ぜひチェックしてくださいね。

 

 

20代の転職なら「Re就活」
20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「Re就活」。
「もう一度、納得できる仕事を探したい」…というあなたの向上心に期待する企業との出会いが待つ転職サイトです。
300リサイズ_会員登録ボタン(緑)unzip.jpg