面接で「ほかに受けている企業はありますか?」と聞かれたら

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

玉田 誠一

面接で「ほかに受けている企業はありますか?」と聞かれたら

「ほかに受けている企業はありますか?」と面接官から質問されたとき、どのような回答をするのが正解でしょうか。

大変答えにくい質問ですが、選考が進むにつれてこの質問をされる可能性は高くなります。回答の仕方を間違えると評価が大きくマイナスになる可能性もありますので、注意が必要です。

 

今回は、面接で他社への応募・選考状況を聞かれる理由と、聞かれたときの対処法をお教えします。

ほかに受けている企業を聞かれる理由

自分の企業への志望度の高さを知りたい

「ほかに受けている企業は?」と聞くことで面接官は自社への志望度の高さを確認しています。

企業は長く勤めてくれる人を採用したいと考えて選考をしています。ほかの企業への応募状況を聞き、志望度の高さを判断することで、早期離職のリスクを回避しようとしているのです。

転職・就職活動の軸を知るため

転職・就職活動の軸を知ることも、他社への応募状況を聞く理由の一つです。

自社以外のどんな職種、業種の企業に応募しているかを確認することで、応募者の仕事へのイメージや企業選びの軸を知ろうとしています。

その軸が自社とあっているかどうかで、応募者の自社への興味の強さを判断しているのです。

内定を出して良いか判断したい

選考の最終段階で「ほかに受けている企業は?」と聞かれる場合、このケースも多々見られます。

他社の選考が進んでいる場合には優秀な人材を確保するために早めに内定を出そうという判断になります。また、自社への志望度が高く、内定を出せば入社してくれるという確信が持てればその時点で内定が決定することもあります。

「ほかに受けている企業は?」と聞かれたときの答え方

正直に答えるべきだが、すべてを答える必要はない

ほかの企業を受けていること自体、マイナス評価になることはありませんので、正直に答えることが大前提です。逆に、他にも選考を受けている企業があるのにもかかわらず「御社しか受けていません」などと言ってしまうと、他の質問で矛盾がうっかり出てしまったりして、内定まであと一歩というところで面接官の不信感を煽ることになりかねません。

ただし、応募している企業があまりにも多い場合、内定を出しても入社してくれないかもしれないというイメージにつながる可能性がありますので、すべてを答える必要はありません。

業界、業種はそろえて答える

複数の企業に応募していることを伝える際には、業界や業種をそろえて答えることが大切です。いま面接を受けている企業と同じ職種、業種の企業に応募していると伝えるのが最も好印象となります。

バラバラの職種や業種に応募していると伝えると、「内定が出ればどこでもいいのか」、「自社への志望度が低いのではないか」と思われてしまう可能性があります。

何を重視して、どのような基準で転職活動をしているのかを説明できるようにしておきましょう。

「御社で働きたい」と明確に伝える

他社への応募状況を答えた上で、面接官に対して「御社で働きたい」という意思を明確に伝えることが重要です。

「ほかの企業への志望度のほうが高い」と伝えてしまうと、どんなに応募者が優秀であっても企業は内定を出す優先順位を下げてしまいます。

他社の選考状況を伝えながらも、その企業で働くのに意欲的であることを、力強く自信をもって答えることが重要です。

akushu.jpg

複数の企業に応募することは転職活動において当然のことなので、他社への応募状況を聞かれても焦る必要はありません。逆に何を軸に転職活動をし、入社先を検討しているのかを説明するチャンスです。

自信をもって志望度の高さと就職への意思を伝えることができれば、内定がグッと近づくことでしょう。

 

転職活動中の方は「Re就活」をぜひご活用ください。転職面接のコツや転職時に気をつけておきたいポイントなど、転職の役に立つ情報が数多く掲載されています。

 

 

20代の転職なら「Re就活」
20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「Re就活」。
「もう一度、納得できる仕事を探したい」…というあなたの向上心に期待する企業との出会いが待つ転職サイトです。

300リサイズ_会員登録ボタン(緑)unzip.jpg