履歴書の印象をアップさせる“写真の撮り方のポイント”を知ろう!

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

前畑 泰広

履歴書の印象をアップさせる“写真の撮り方のポイント”を知ろう!

履歴書用写真を撮るときには、最低限押さえておきたいルールがあります。また、写真の撮り方次第では印象がグッと良くなりますので、撮り方のポイントを押さえておきましょう。今回の記事では、履歴書用写真を撮影する際の服装やメイク・表情などのさまざまなポイントをご紹介します。

 

履歴書用写真を撮る際の基本ルール

 

履歴書用写真は横3cm×4cmで、背景色は白・グレー・青が適しています。この中でもグレーは顔の色・表情が際立って印象が良くなります。

また、履歴書に貼付する際は撮影してから3か月以内のものを使うようにしましょう。

男女ともに髪の毛が目にかからないようにセットしておき、服装はネイビーや黒のスーツで、ジャケットは必須です。男性はネクタイを曲がらないようにまっすぐ締めます。帽子やサングラス、派手・個性的なメガネ等は印象が悪くなるので避けましょう。

 

“好印象な履歴書用写真“を撮るポイントとは?

 

履歴書用写真は、できれば写真館で撮ってもらうことをおすすめします。写真館では顔の角度や表情の作り方などをアドバイスしてもらえたり、顔色や肌荒れなどのレタッチをおこなってくれたりするので、美しい写真に仕上がります。

時間がなくてやむを得ずスピード写真で撮る場合は、膝の上に白いハンカチを置いて顔映りを良くするようにしましょう。さらに、写真の撮影時に以下のような工夫をすることで、好印象を与える写真を撮ることができます。

 

印象アップのポイント

 

・ヘアセット&メイク

男性は髪の毛をワックスで程よくまとめ、ナチュラルな印象に仕上げるのがポイント。おしゃれな”無造作ヘア”はボサボサに見えてしまうこともあるので避けましょう。

女性は、髪が長ければ頭の後ろの耳より少し高い位置に結び、メイクはナチュラルかつ活き活きした印象に仕上げるのがポイントです。このとき、アイメイクを瞳の色に合わせれば馴染みやすくなります。チークはコーラル系などフレッシュな印象に仕上がる色がおすすめ。口紅はピンクやベージュ系など自分の唇の色味に近い自然な色を選びましょう。

 

・服装

男性はシャツのボタンを第1ボタンまでしっかり留め、シワが寄っていないか確認し、整えておきましょう。ネクタイは派手な柄を避け、無地もしくはストライプなどの控えめな柄が良いですね。

女性の場合は、胸元が開きすぎず、鎖骨が少し見えるぐらいのシャツがすっきり見えて良いでしょう。男女ともにジャケットがズレていると目立ってしまうので、ボタンの位置を体の中心に揃えるのがポイントです。

 

・姿勢、表情

写真撮影の際は肩を開くように意識しながら、正面向きに座るのがポイントです。猫背になったり、片方の肩のラインが下がったりしないように気をつけましょう。

また、上目遣いや見下ろすような角度にならないよう、顎を軽く引くことを意識するといいですね。明るい印象の表情を収めるコツは、一度満面の笑みを作ってからほほ笑むようにすることです。こうすることで顔の筋肉の緊張がほぐれ、表情がやわらかく仕上がります。

 

採用担当者に好印象を与える履歴書用写真を撮ろう

pixta_30485847_M.jpg

履歴書の写真は、採用担当者が“応募書類だけでは伝わりにくい意欲・雰囲気”を知る手がかりとして重要なものです。採用担当者に好印象を与え、入社後の仕事ぶりに期待を持ってもらうためにも、今回ご紹介したポイントを押さえて写真を撮ってみてくださいね。

転職・就職活動の際は、写真の撮り方以外にもさまざまな疑問が出てくると思います。そんなときは「Re就活」を利用して情報収集をしておくと安心です。多くのお役立ち情報が載っているので、上手に活用してみましょう!

 

20代の転職なら「Re就活」
20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「Re就活」。
「もう一度、納得できる仕事を探したい」…というあなたの向上心に期待する企業との出会いが待つ転職サイトです。

300リサイズ_会員登録ボタン(緑)unzip.jpg