転職する為に必要な退職届の書き方とマナーとは?具体的な見本も紹介

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

Re就活編集部

転職する為に必要な退職届の書き方とマナーとは?具体的な見本も紹介

退職を決めてからどのような書類を、どう作成したら良いのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。円満退職を目指すのであれば、きちんと必要な書類を揃えて、常識的な行動をとることが重要です。今回は、退職届の具体的な書き方や出し方、封筒のマナーについてまでご紹介します。退職届の書き方の見本も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

「退職願」「退職届」「辞表」違いはあるのか

退職届とは

退職願とは

辞表とは

退職届、退職願の具体的な書き方と見本

縦書きの退職届・退職願の書き方

横書きの退職届・退職願の書き方

退職届・退職願の封筒の書き方・マナー

封筒のルールとマナー

封筒の書き方

退職届・退職願の入れ方のマナー

封をする場合としない場合の違い

手渡しの場合

郵送の場合

退職届を出す時の流れとタイミング

退職届はパソコン、手書きどちらがおすすめ?

退職届の提出はそもそも必要なのか

退職届は仕事を辞める際に提出する書類です。正しい書き方を覚えておきましょう

「退職願」「退職届」「辞表」違いはあるのか

taishoku_negai_manner2.jpg会社を辞める際は、辞表を出すのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし実際には、辞表はすべての人が提出するものではありません。退職時に提出する書類には、退職願、退職届、辞表などがあります。これらはすべて同じものではなく、それぞれの役割や、提出にふさわしいタイミングが異なるため、注意が必要です。

退職届とは

退職届は、会社に退職の可否を問わず、自身の退職を会社に対して通告するための書類です。そのため、退職することが確定したあとで提出する書類という位置づけです。一般的には、退職届を出す前に、退職願を上司に提出して、実際の退職日が決まってから用意します。

退職届は、受理されると基本的に撤回できない場合が多いです。自身の中で退職の意思が固まっている場合に出すようにしましょう。

退職願とは

退職願は、自身の退職意思を会社に表明し、合意を求めるための書類です。口頭で行うことも可能ですが、提出することで意思の固さを示すことができます。特に、退職にあたり交渉が難航しそうな場合には、退職の申し入れをした根拠になるため、提出しておいた方がベターです。

一般的に、退職願を渡すのは直属の上司とされています。退職願を提出し、承諾されてから具体的な退職日が決定します。もし、次の転職先がすでに決まっているなど、退職交渉に時間の余裕がない場合は、退職願があった方が良いでしょう。

辞表とは

辞表は、社長や取締役などの会社役員などの雇用関係にない立場の人が、役職を辞めることを届ける書類です。そのため役職を外れ、一般社員として雇用される立場になる時にも提出します。

つまり、基本的には会社員として雇用されている人は、辞表を出すのではなく、退職願や退職届を選びましょう。

なお、公務員の場合は例外です。公務員が辞めるときには、辞表を提出します。

退職届、退職願の具体的な書き方と見本

それでは、退職届と退職願の具体的な書き方と内容を見てみましょう。

縦書きの退職届・退職願の書き方

taishoku_negai_manner3.png

@中央寄せで「退職届」または「退職願」と書く。

A「私事、」と記載

B本文明記

◆退職届の場合

このたび、一身上の都合により来る令和○○年〇月〇日をもって退職いたします

◆退職願の場合

このたび、一身上の都合により来る令和○○年〇月〇日をもって退職致したく、ここにお願い申し上げます と記載

C提出する日付と所属名、自分の名前記載

D自分の名前の下に認印

E宛名として、会社の正式名所と代表名記載

横書きの退職届・退職願の書き方

taishoku_negai_manner4.png

@中央寄せで「退職届」または「退職願」と書く。

A提出する日付を記載

B宛名として退職する会社の正式名称と代表者名(社長)を省略せずに書く

C自分の名前を所属部署から書き、認印または三文判で捺印(シャチハタ不可)

D名前の行から二行改行し、行の最後に「私事、」と書く

E本文を明記

◆退職届の場合

このたび、一身上の都合により来る令和○○年〇月〇日をもって退職いたします

◆退職願の場合

このたび、一身上の都合により来る令和○○年〇月〇日をもって退職致したく、ここにお願い申し上げます と記載

F最後の行に右寄せで「以上」として締めくくる

退職届・退職願の封筒の書き方・マナー

退職届を出すときは、それにふさわしい封筒を選ぶことも大切です。できる限りきれいな状態で、書き損じのない、常識的なものを選びましょう。

封筒のルールとマナー

・白で無地

・手渡しの場合、郵便番号の枠がないもの

・茶封筒NG

・A4の場合は210×297の長形3号/A5の場合は148×210の長形4号

退職届の封筒は、白く無地のものを選びましょう。また、改まった用件の際にふさわしいとされる「二重封筒」が適しています。手渡しの場合は、郵便番号枠がない物を選びましょう。

一般的な封筒として広く用いられる、茶封筒はNGです。茶封筒は、請求書や領収書を入れたり、事務的な用途で用いられることや、白封筒よりも安価なことから、退職届の封筒には適していません。

また、紙の大きさがA4の場合は210×297の長形3号が、A5の場合は148×210の長形4号がふさわしい封筒の大きさです。

封筒の書き方

taishoku_negai_manner5.png

封筒の表面には、中心のやや上寄りに退職届、退職願と大きく綺麗に書きます。裏に自分の所属する部署と名前を書きます。宛名は必要ありません。

なお、怪我や病気で入院中など、手渡しができない状況で退職届や退職願を会社から求められた場合は、郵送するケースもあります。郵送する時は、ひとまわり大きい白封筒を用意し、添え状をつけて送ります。

郵送時の宛名は、あらかじめ誰に送るのか会社に確認し、宛名の左下には赤ペンで親展と記載します。

退職届・退職願の入れ方のマナー

taishoku_negai_manner6.png退職届や退職願の入れ方にもマナーがあります。

@用紙は三つ折りにし、まっすぐにしっかりと折り目をつけましょう。

A折りかたの順番は、まず下側3分の1を先に折ります。

Bそして、上側の3分の1を被せるように折り返します。

C入れる方向は、封筒を裏にした時に、用紙の右上の部分が封筒の上側にくるように入れることがポイントです。

郵送の場合は封をして、「〆」と記載します。手渡しの場合は、封をしないのが一般的です。

封をする場合としない場合の違い

手渡しの場合

・封をしなくて良い

・封筒に宛名を書く必要はない

郵送の場合

・封をする必要がある

・「〆」を記載。封緘印は?ではないので、間違えないようにしましょう

・スティックのりを使いましょう。テープでは開封される恐れがありますので、退職届では使うのを避けましょう

・両面テープは可

退職届を出す時の流れとタイミング

退職願や退職届は、出すタイミングも重要です。まずは、就業規則で決められている内容を確認しましょう。民法では、退職する14日前に退職の意思表示をすれば良いとされています。しかし円満退職を考えるなら、退職までの引き継ぎや人事異動などを考慮して、1ヶ月前までに退職届を出すなど、退職の意思表示をする方がよいでしょう。

なお、退職届や退職願の文面には、会社の正式名称とともに社長の名前を書きますが、渡すのは直属の上司となります。これは、会社によってルールが異なる可能性もあるため、上司に確認することをおすすめします。

>>円満退職の流れを知っておく<<

退職届はパソコン、手書きどちらがおすすめ?

taishoku_negai_manner7.jpg

一般的に、退職届や退職願は、手書きの方が推奨されています。パソコンで作成することがビジネスマナーに反するわけではなく、会社によってはパソコンで作成する指示があるケースも考えられるため、パソコン作成がまったく不適切ということでもありません。

ただし、もしパソコンで作成する場合であっても、自分の署名の部分は手書きにしましょう。また、退職届や退職願は書き損じてしまった場合、修正ペン等で修正するのはふさわしくありません。1から書きなおすのがマナーです。

適した用紙は白無地のA4サイズ又はA5サイズです。市販のコピー用紙や白地便箋を用意しましょう。

退職届の提出はそもそも必要なのか

退職届は、そもそも必要なのかどうか、気になりますよね。できれば提出を避けたいと考える方もいるかもしれません。実際、法律上では退職の意思表示を、口頭で行えば問題ないとされています。

しかし、多くの会社では就業規則として退職届の提出を定めているため、まずは就業規則の確認をおすすめします。たとえ法律上は問題ないとされていても、できるだけ円満退職につなげるためには、会社の決まりに従って提出した方がよいでしょう。

退職届は仕事を辞める際に提出する書類です。正しい書き方を覚えておきましょう

今回は、退職願、退職届、辞表の違いや、退職願と退職届の書き方について紹介しました。どんな内容を書くべきかについて気になる方は多いですが、その他にも封筒の選び方や入れ方などにもマナーがあります。

退職において重要な書類なので、角が立たないようにマナーを守って提出しましょう。退職届や退職願は、法律上では必要不可欠であると定められていませんが、円満退職に繋げるためには提出した方がよいでしょう。

>>退職届を出す前に新しい仕事を探しておく<<