SE(システムエンジニア)ってどんなことするの? 仕事内容紹介

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

前畑 泰広

SE(システムエンジニア)ってどんなことするの? 仕事内容紹介

「SE」という仕事をご存知でしょうか。「SE」とは「システムエンジニア」のことです。

簡単に言えばプログラムやソフトウェアの仕様書を作る仕事なのですが、そう言われてもピンとこないという方も大勢いるでしょう。

ここでは、「SE(システムエンジニア)」の仕事内容についてよく知らないという方のために、その仕事内容を簡単にご紹介します。

SE(システムエンジニア)とは

SEの仕事は、ソフトウェア開発の現場で、開発プロジェクトや開発チームの管理、またプログラムの仕様書(システムの設計書)やソフトウェアの設計書を作成することです。主にクライアントからの要求に応じて、パソコンを使い作成します。

SEの仕事には大きく分けて「要求分析」「基本設計」「詳細設計」「テスト」という4つの段階があります。次項以降でそれぞれについて紹介します。

 

要件定義

ヒアリングとも呼ばれる段階で、顧客の話を聞き、いったいどのようなシステムを望んでいるのかどうかをはっきりさせる段階です。SEの仕事の第1段階になります。

要望を聞き出して、その要望に応えるための手段を講じます。すべての要望に応えることは難しいので、システム開発のために必要な機関や費用を算出したうえで決定するというのが基本です。

 

基本設計

顧客の要望を実現するためのシステム設計をおこなう段階です。SEの仕事の第2段階になります。要求分析で入手した要望の情報をもとに、どのような機能のあるシステムを作るか、システム上の情報はどのように表示するか、操作方法はどのようにするかなど、システムの基本的な設計を作っていきます。

 

詳細設計

SEの仕事の第3段階になります。基本設計の段階で決定したシステム設計を、どのような技術や仕組みを用いて実現するかどうかなど、プログラマーが実際にプログラミングする際に必要になるより具体的な設計をこの段階でおこないます。

 

テスト

詳細設計で決定したシステムをプログラマーがプログラミングしたのち、システムが設計どおりに動作するかどうかを確かめる、SEの仕事の最終段階です。設計書や要求分析に使った書類をなどと見比べて、ミスや反映漏れがないかどうかを入念にチェックします。

SEになるために必要なスキル

SEになるために求められる能力やスキルについてご紹介します。

 

技術的な能力

システムの設計の際はもちろん、顧客に対する説明の際にも、技術的な能力は必要不可欠です。コンピューター全般やネットワークに関する知識、システムの設計図を作るための設計力などを鍛えておくといいでしょう。

技術的な知識は入社研修でゼロからしっかり教えてくれる企業が大半なので、未経験からSEを目指す方でも安心ですよ。

 

マネジメント能力

システム設計はスケジュールに沿っておこなわれます。チーム全体のスケジュールやメンバーの配置を適切におこなえるマネジメント能力を伸ばすことが必要になります。

 

コミュニケーション能力

顧客の要求をきちんと聞き出し、また、システム設計について説明をする必要があるSEの仕事には、コミュニケーション能力が重要になってきます。SEチームのメンバーをまとめるためにも、顧客からしっかりとヒアリングして、情報をプログラマーに正しく伝えるコミュニケーション能力は必要であると言えます。

pixta_28111780_M.jpg以上がSEの仕事についての簡単な紹介と、SEに求められるスキルです。SEに興味がある方はここで紹介したことを参考にしてみてください。

SEの仕事に興味がわいてきたという方は、「Re就活」をご活用ください。未経験歓迎のSEに関する求人情報はもちろん、様々な職種の未経験歓迎求人がたくさんありますよ。