転職できる人の特徴を知って自分に活かそう

  • シェア
  • ツイートする
  • ブックマーク

玉田 誠一

転職できる人の特徴を知って自分に活かそう

転職活動をしているという方の中には、「資格や経験がしっかりあるのに、どうしても内定がもらえない」とお悩みの方も多いと思います。うまくいかないことが続くと、自分に自信がなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、転職がうまくいかないからと言って、「自分に魅力がない」ということにはなりません。転職にはちょっとしたコツがあり、転職に成功する人にはいくつかの特徴があるのです。

今回は転職できる人の特徴をご紹介しますので、ご自身の転職活動の参考にしてみてください。

転職できる人は退職理由が明確

転職がうまくいく人と、失敗が続いてしまう人の違いには、「明確な退職理由を持っているかいないか」という点があります。転職がうまく人は、前職の退職理由を明確に説明できるという特徴を持っているのです。

「次の職場での意気込みのほうが大切なんじゃないの?」と思う方もいると思います。当然、次の仕事に対する意気込みも大切です。しかし、現職(前職)の仕事を辞めるに至った理由というのは、次の仕事を選ぶ際の重要な判断基準になり、決して軽視することができない事柄なのです。

例えば、前職を辞めた理由が「残業が多いから」だったとしたら、そのことを明確に意識して職場選びをしないと、また同じように「残業が多い職場」を選んでしまうことになりかねません。面接などで「残業があるけど大丈夫?」と質問されてどぎまぎしていては、面接官に好印象を与えることはできないでしょう。仮に採用されても、前職と同じような不満を抱きながら働くことになり、これでは転職が成功したとは言えません。

なぜ自分が退職したのか、その理由をはっきりさせて、その点を意識して職探しすることが、転職を成功させるためのコツの一つです。

転職できる人は企業に求める条件が明確

せっかく新しい仕事を始めるのですから、できることなら転職先の企業は自分の理想に適っている場所を選びたいものですよね。しかし理想を求めすぎて、あれもこれも条件にしてしまうと、照準がいつまで経っても絞られず、いつまでも転職できない事態に陥ってしまうことがあります。

まずは自分が求める条件の優先順位をつけるようにしましょう。実際、転職できる人は条件に優先順位をつけており、順位の高い条件を満たした企業に応募するという方法をとっています。

「絶対必要」「できれば必要」「どちらでもいい」「妥協できる」などというような項目に分けて、自分が求めている条件を洗い出してみてください。

転職できる人はアピールポイントを把握している

いくら資格や経験が豊富でも、企業にとって必要な能力は限られています。英語を使う機会がないのに、英検の級やTOEICの結果をアピールしてもあまり意味がありません。

転職できる人は、企業のニーズをしっかり研究し、それに見合った自分の能力だけをアピールするようにしています。

企業のニーズをしっかり押さえ、持っている資格や経験を整理しておいて、企業のツボを押さえたアピールをするよう心がけるようにしましょう。

pixta_33301827_M.jpg

転職にはコツがあり、転職できる人はいくつかの特徴があります。転職活動を成功させるために、それらのコツや特徴をしっかり押さえておくようにしましょう。

転職活動をしているという方は、ぜひ「Re就活」をご利用ください。求人情報はもちろん、転職活動に役立つコンテンツが充実していますよ。

 

 

20代の転職なら「Re就活」
20代・第二新卒・既卒のための転職サイト「Re就活」。
「もう一度、納得できる仕事を探したい」…というあなたの向上心に期待する企業との出会いが待つ転職サイトです。

300リサイズ_会員登録ボタン(緑)unzip.jpg